うらばなし

本編中のあとがきだけでは収まりきらなかった思いを裏話として綴ります。

現在、完成はしたっぽいけど公開もまだしてない状態ですが、
熱があるうちに書かないと、またメロチャリメイクみたいに裏話を綴る元気が無くなってしまう・・・・


●そもそも何故こんなこと思いついた?●

ふりーむさんの「ご当地ゲームフェス」の企画に、公開後随分経ってから気が付いて・・
(8月末)

香川県の同人乙女ゲーム制作者は私しかいないのでは?!

香川県の同人乙女ゲームを作れるのは私だけなのでは?!

と自意識過剰になったことから俄然やる気に火がついてしまった次第です。
(実際どうなのかは知らないけど。香川でゲ制してる人がいるなら友達になりたいです)

何かネタが思いつけばやろうかなと思ったけど、
思いつかなければやめておこうと思いつつ。


香川のゲーム・・・

うどん

うどん?

もううどんしか浮かばない。

うどんはやめようあまりにも安直すぎる。


香川を舞台に乙女ゲームをやるとしたら・・・

エンジェルロード
父母ヶ浜

と思ったが物理的に背景写真を撮りに行くのがちょっとシンドイ
(折角やるなら背景くらい自分で調達せねばプライドが許さないと思っていた)

上記2つの方が今風でロマンチックになったろうなとは思う。

エンジェルロードは、個人的にいい思い出が無くて(個人的な事なので素敵な場所ではあるのです)
あまり気が進まず・・・


(どちらかというと)マイナーだけれども、赤灯台を舞台にしようと決めました。

背景は2回ほど撮影に行けました。

海際は寒いのでね、暑くもなく寒くもない時期を選びました。

(9月に夜バージョン、10月に昼バージョン)


でも灯台すごい場所なんですよ多分
日本初?のガラス灯台だったかと思います


だけども灯台をもとにどんな話を書き起こすねんってハナシになって
結局うどんのゲームになりましたとさ。

当社比では結構(現実を舞台にするなど)挑戦した部類の作品になりますが、
どうせ大して注目されへんやろと思って好き勝手やってます。

讃岐うどんに詳しい人の目に留まることもきっと無いやろwww





●燃え尽き期間を使う●

その8月末頃はメロチャの燃え尽きで死んでたので

次回作にはとてもではないが手を付けられない状態になっていました。


想像をはるかに勝る燃え尽きであった。


結構もう引退どきかなすぐにでも引退しようかなとか考えてて
外面には出さずともただのヤバイ人だった。


やる気が出ない時間が勿体ないので、いっそご当地ゲーに挑戦する価値があるのではと思いました。

どうせなら燃え尽きている時間を利用して1作完成させる

とってもエコロジー(?)


目標は限りなく低く。

燃え尽きが反復するのを防ぐため・・・

いかに手を抜くか・・・


という引き算引き算の制作でした。


が、意外と大変だった・・・・

(特に素材作成とスクリプトよ)


●目標を低く持つ意味●


当初は目標10DL!感想0か1!!と意気込んではいましたが・・・

いや、目標は変えないでおこう・・・・

頑張りすぎると目標が高くなり、結果燃え尽きの炭化が激しいので、
敢えて10DLされれば十分だろってレヴェルの作品を目指そうぜっていう目標なので

けして!謙遜しているとかではないです!

頑張りすぎないための、理想を上げ過ぎないための、あえての「目標」なのです!

「10DLっぽいゲーム」をあえて作る。

(後日談:おかげさまで目標の10倍以上のDL数を頂きました。もうこれ以上は何も望みません・・・!)



●締め切りまでに4か月くらいしかない●

ふりーむさんのフェス締め切りが年明けすぐ。

間に合うなら作るが、間に合わないなら正直作る意味全く無い。

制作に取り掛かったものの、締め切りに間に合わなければ全部ボツにするつもりでした。

が、それはかなり辛いので締め切りに余裕で間に合うよう計画し、
時間を絞り出しました。

頑張れば1、2か月でもできるのではと思いましたが、
システム作りがあまりにも少しずつしか進まず・・

ほんとは10月には仕上げたかったですね
灯台のあたりホント寒いんで。
12月まで完成できないなら立ち絵を冬服にすればよかったんだけどね。
立ち絵描いてるときは秋に公開できるように頑張る!と思ってたから・・・

早川の服装は特に寒そう。



●ご当地&現代ものならではのまさかのメンタル低下●

今まで現実離れした作品しか作っていなかったからでしょう。

とても、現実と妄想が入交りメンタルが狂う
(現実逃避で創作しているのに現実を見つめて制作しないといけない)

リアル生活で、うどん食べるときなどを回想しながら制作してると
「何を一生懸命作ってるんだ」と我に返ることが多くなり
空想の世界に没頭することができないのでかなりメンタルが乱れました

今思えば、恋愛開花やsweetnessも自分で撮影した背景を使っているので
若干変な気持ちになってたかもしれない。
(撮影した時の状況がよみがえって)

正直リアル生活に近い作品はしんどい。



●進捗を出さなかった●

進捗を出す時間も惜しかったのと、
自分が進捗出すと、それで満足して制作が頓挫しやすいクソなので、
完成するまでほぼ無言を貫きました。

あと完成するのか不安だったり、サプライズっぽくしたい気持ちもあり

いや、というよりは進捗出さない方が楽しんで創作できる人間なんでしょうね。

アンケ特典の方ではギリギリ進捗を更新何度かしてました。
(どうせ誰も見ねえだろと思って・・)

まあご存知でしょうが、私もともと進捗出さないタイプの人間ですしね(遠い目

今時は進捗を出す方が宣伝になるだろうに、本当に損な性格です。

今後は頑張って進捗状況ひねり出すようにします・・・

進捗を出さなかった結果、裏話と本編内のあとがきがすごいボリュームになっているってことですね
(言いたいことため込み過ぎ)



●絵柄を変えたくて足掻く●

自分の絵柄と塗りがオバハン感で過ぎて、何とかしたかったのです。

ちょっと変わった気もするけどあんまり変わっていない・・・・orz

足掻いてる分余計に時間がかかります。

キレイに仕上げようとすると時間がかかりすぎるから、
絵描きでもないんだし、ゲーム作りたいだけなんだし、
そんなに頑張らなくてもいいじゃないか、と自分を納得させました。


●シスグラなんか作ってる場合じゃない●

シスグラはびっくりするくらい使いまわしですwww
ほとんど新規に作成したものはないです(いや1個もないのでは)
主に頓挫したものから引っ張ってきてますが・・・ほかにも色々なとこから

そこにかける時間がとにかく惜しい。

と思っていたけど、他のシステムがらみで使う画像を作るのに結局めちゃくちゃ時間がかかりました。


●結局追いかける恋が好き●

告白なんか一度駄目だと諦めがちですが、
BBAにでもなってくると、何回でも言ってやら!このやろ!何回も言ってたら諦めてくれるやろ!
と強気になってくるのでそういうのも出てます。

追われる恋は物足りないんだよな、追われるようになるまでの経過に萌えるかどうかだろうな。

そんな私はきっと少数派でしょう。

獲物を狩りたいタイプなのだ。
男性ホルモンが多いのかな??(笑



●辛かったこと●

・うどん屋ラインナップを考えるのに死亡
何店舗出すのか、リアル店舗と被らない店名

おすすめしたいメニューは多すぎてなんとか8種まで絞りました。
他にも知ってほしいメニューは沢山ありますが

クロスワードパズル風にするのなら、使用文字が分散している方が良いので
そういう基準でも考えました

もちろんうどんメニューのバランスも考えたし(釜揚げ系とそうでないものの割合とか)

(出してないメニューとしては、肉ぶっかけとか、カレーうどんとか、白カレーうどんとか、冷かけとか、ちくわ天とかも素晴らしいです)

カレーうどんが看板メニューのお店はきちんとカレーうどん用の出汁なので素晴らしい。


・問題構想で死亡
クロスワードにはできなかった(使うワードが先行してると無理だね)
うどんメニューから文章が作れない。
なんかとにかく苦労した

早川君には苦労せずにもっと簡単に問題思いついててほしい。

・うどんスチル作成で死亡
 うどんを描くのが難しい
 うどんのスチル仕上げるのに何日かかるねん→下手すりゃ人間スチルくらい頑張ってるじゃねえか
 いやでもここで手を抜けばうどんの魅力が伝わらない!絶対に美味しそうに描かなくては!!!


・答案用紙、文字作成スクリプト組み込みで死亡
どう組めばいいのかワカンナイナーと思いながら組む⇔修正を繰り返しながら
もちろん1日ではできないし間に何日も挟むから問題の部分だけでも中々完成せずイライラした思い出。

文字グラも作るのか、Nスクのスプライトを使うのか、

文字入力の選択はキーボードから入れてもらうのか?画面クリックか?

などなど考える事が無限


・時計作成・組み込みで死亡
時計をアナログにするのかデジタルにするのか
アナログが見やすいかと思い採用したけど50分、55分の時に短針が進んでないから
ぱっと見何時か分からない。
結局デジタルも併用。

1分刻みは画像処理もスクリプトも死ねるので5分刻みに。

変数がうまく動かず、デバッグ時にわけわからん時刻になったり。

うどん何杯食っても1分も経たないとか、
電車乗ったら過去に遡るとか、
店周る途中に19時過ぎるとか(何時間食ってるねん)

何だかとても振り幅の激しいバグが出ました(微笑


あと混雑する時間や玉切れ時間の設定


・マップ作成・組み込みで死亡
マップ作成は今までにも何度かしてはいるのですが、
既存作品はいつもスタート地点がマップにない所からだったのと
時間概念が無かったから、そこまでは難しくなかった・・・!

今作はスタート地点も常にマップ内を移動する!


・移動開始〜到着までの時間調整で死亡

食べる時間と移動時間をそれぞれ何分にすれば、18時に灯台に到着できるのかという計算が無理過ぎました!!!

あと何をどうやっても時間に間に合わないとか、到着早すぎ問題も出てきてその調整も死ねました。


結局思いついたネタをゲームっぽい形に整えるのが他の作品より大変でした

あと無計画にスクリプトをやっている私は変数が複数要素で被りまくってあらゆるところで意味不明なバグが勃発しました。
(メモに変数まとめたり当然するんですけどそのメモをだんだん使わなくなってくる)

もうそういう雑な性格だから仕方ない。


●その他思ったこと●

・タイトル画面は天かすとネギがかわいく飛んでいるイメージ
 もっとシンプルなタイトル画面だったが何か足りないと思い


・攻略対象は1人です!(増やしてる時間がない)

・さすがに1日に8杯は食わないし食えない
(ゲームの世界だから許して)

・うどん屋は架空だけど、モデルにした店はある
(全部ではないですが・・・)
店名考えるのがまじで死ねた。
きっとリアル店名とは被っていないと信じたい・・・

ほんと店によって個性が強い。「今日はこのうどん屋に行きたい気分」というのがあるんですわ。

・途中でコンビニやス●バに寄り道してしまうイベントなども構想しましたが複雑化するのでボツ



まあ何はともあれ、完成してよかったです!

→→次号へつづく


               Copyright© SILVER★STAR All Rights Reserved.               .




HOMEに戻る